体の色素沈着と対処法

フェイシャルエステ

体も顔と同じように紫外線によって日焼けやシミ、黒ずみなどが起こってしまいますから、日ごろからしっかりと紫外線対策を行っておく必要があります。 うっかり日焼けでボディにシミなどができてしまう前に、しっかりと美白ローションやクリームでケアするのがおすすめです。 また、体のニキビや締め付けの強い下着を身に付けていると、その部分にメラニンが発生してしまって、色素沈着を起こしてしまいます。 繰り返し行ったムダ毛処理による黒ずみや、毎日のお風呂でのゴシゴシ洗いなどでも、色素沈着が起きてしまいます。 これらは全て体の防御機能としてメラニンが作られ、刺激から体を守ろうとしてできるものです。 有効なケア方法としては、美白効果のあるボディケア商品を使うのが最適です。

顔にはしっかり日焼け止めやUVカット化粧品を塗っていても、ボディはつい忘れてしまって、うっかり日焼けしてしまうことがあります。 若いうちはメラニンが排出されやすくなっているので、日が経つにつれて元の肌の色に戻っていきますが、年齢を重ねてくるとシミやしわとなって現れてしまいます。 うっかり日焼けをしてしまったら、まずは肌を冷やすようにして、肌のほてりを取るのが最優先です。 ある程度ほてりが収まってきたら、ボディ用の美白ローションをこまめに塗るようにしましょう。 日焼けしてから48時間が勝負で、それ以上の時間が経つとメラニンがつくられてしまいます。 それまでにできるだけ美白ローションやクリームでケアしてあげて、シミなどを作らせないようにするのが大切です。