一般的なガラスとは一味違う!ブルーガラスの驚くべき用途を知ろう

急場しのぎで必要なもの

土嚢袋

使い捨てにできるメリット

建築や水害の現場ですぐに水をせき止めなければならないという場面で活躍するのは、重機ではなく土を詰めただけの土嚢です。土嚢を敷き詰めるというのは最も効果的で急場しのぎとして有効な手段となっており、うまく使うことで水の被害を最小限にしてしまうことが可能となっています。また建築現場で何かを固定する、あるいは雨水の流れをとりあえず変えるという場面でも有用であり、急いで行う作業としてとても信頼できる方法なのです。ただ土嚢を作るのに使う袋は様々な種類が存在し、運用にそぐわないものを使うと十分に効果を発揮しないということは覚えておくべきです。特に長期にわたってどのうを積んでおくという場合には紫外線対策は必須となっており、そうでない袋を使うと高確率であちこち破けてしまいます。土嚢は袋が破けると著しく耐久性と水をせき止める力が弱くなってしまい、あっという間に全体が崩壊してしまうので気を付けましょう。逆に紫外線ばかりに気を取られて吸水性の高いものを使うことで、逆に水を誘導してしまうこともあるのです。適した種類の土嚢袋を常備し、いざというときに適切な使い方をすることで起こりうる被害を防ぐことが可能となっています。土嚢袋自体は土を詰めていなければただの袋なので、倉庫のスペースを圧迫することもなく、さらに経年劣化もかなり少ないので早めに購入しておきましょう。土を詰めている間は無防備なので、そのまま使える吸水性ポリマー土嚢なども一緒に保管しておけば万全となります。

Copyright© 2018 一般的なガラスとは一味違う!ブルーガラスの驚くべき用途を知ろう All Rights Reserved.